道の駅あらいで海産物を楽しむ話

ちょっくら新潟県までドライブすることがありまして、新潟県新井市にある「道の駅あらい」に寄ってきました。この道の駅は上信越道の新井スマートICと直結でアクセスも簡単です。

新潟だけあって海産物や日本酒など色々とテンションが上がるものを置いてまして、思わず写真を撮ったので思い出としてUPしますね。

スポンサーリンク

まずは寿司を食う!

石川県白山市に本社がある「きときと寿司」。
北陸に住んでいる人にとってはお馴染みのお寿司屋さんですが、ここで食べればハズレはありません。

エントランスをくぐりまして、

お店は回転式なのですが、回ってくるイクラもシャリからこぼれていて旨そうです。
100円の某チェーン店もよく行っていたのですが、ネタが飽きてしまい足が遠のいていました。価格高くてもたまにはこういうのがいいですね。

前行ったときはタブレットのシステムはなく、職人さんに直接頼んでいたのですが、今回行くと導入されていました。職人さんにオススメ聞くのが楽しかった面もありますけど、まあ回転寿司だから仕方ないっすかね。

まず頼んだのがトロ三種!
胃腸がオッサン化しているので脂っこいものは最初のうちに・・・。

つづいてイワシをあっさりと。

海鮮サラダや海老は好きなので食べるルーティン。

イクラを食べる機会はあまりないので、贅沢に「こぼれイクラ」を頼みました。
これがまあ人肌ふんわりのシャリとプチプチイクラが絶妙にコラボ。それにサーモンの食感がかぶせてきます。イクラの汁もじゅわっとで贅沢すぎました。

生海老やズワイガニもオーダー。前述のイクラもそうですが、この海老みたいにボリューミーなネタを頬張るのが最も幸せを感じることができた気がします。

地酒など特産物がいっぱいの買物エリア

ご飯を食べた後は売店をのぞいてみました。土産物類も豊富なのがこの道の駅のいいとこです。

和テイストの商品や鍛冶で有名な燕三条の金物屋さんも出店しています。

新潟といったらお酒!
地ビールもあったり、八海山や越乃寒梅といった日本酒の定番も。妙高市の君の井酒造のお酒も多数並んでいました。

お野菜コーナー。

晩夏ですがスイカもまだあるのですね。トウモロコシも地場価格です。

うちの田舎も今は野菜だらけなので今回は買わずに帰りました。

鮮魚センターで魚を購入

個人的にこの道の駅の目玉は海産物コーナーだと思っています。

海産物コーナーに入ると食の宝石箱!
うおー、サンマが旬なわけですね。イカも綺麗に並んでいること。

ホタテも見るだけでワクワクしてくるのは何故でしょう。

新潟もカニがよく獲れます。

一度生タコ足に喰らいついてみたい。
てか、全般的に安いのです。せっかくこんな新鮮な魚が手軽にあるなら買って料理してみようという気分になります。

お寿司もいっぱい売ってます。家が近けりゃ週何回買いに来ることやら。

総菜も豊富です。いかん、ブログ書いててヨダレが出てきた・・・。

一通り魚売り場を見まして、今回はカレイ1尾(900円)と、サンマ4尾(700円)を買って帰ることにしました。

ちなみに、この道の駅にはその他にもすき家やレストランも入っていて食事するには楽ちんです。

買った魚をいざ料理!

これが今回買ったカレイくん。
持って帰った手前上、今日は私が料理です。煮つけにするためウロコを取って、内臓出して、切れ目を入れて、だし汁作って、などなど。

途中経過はなしで、ジャーンとこんな感じにできあがりました。
あんまり美味しそうに見えないですが、、、サンマも2尾煮つけにしました。

お皿に移したら少しは美味しそうに見えるかな?
大きなカレイでしたので、鍋に入らず尻尾はチョキンと切り落としています。

新鮮さもあって魚は激ウマでした。
なんだか今後魚料理にはまりそうな予感・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする