暑い夏にはコカコーラ株も騰がるのか!?

暑い!今年は暑い!

どうやら今年の夏は猛暑になる模様。気象庁の3ヶ月予報では「向こう3か月の気温は全国的に高い」となっています。投稿前日の6月21日(水)は全国的に雨模様ですが、梅雨も関係なく日照りが続いている気が・・・。

こちら気象庁の見通しを引っ張ってきました↓

日本列島 真っ赤っ赤じゃん!w↓

そんなこんなで昨夏欲しかったけど買いそこねていたコカコーラ(2579)を見てみると短期スパンでは結構な下げ。RSIも30前半。財務もぱっと見安定。権利確定月も6月。そして暑いw
これは騰がるのではないか・・・?と短絡的な思考から打診買いしてみました。果たしてどうなるか・・・。

と言うことで、データとして有用かどうかは正直ハテナな面がありますけど、夏季の気温とコーラ社の株価を調べてみました。本来は気温と販売本数を調べるべきですが、ダイレクトに株価をもってきました。

【PR】こだわりのステーショナリーで日々の仕事をより楽しく↓

①コカ・コーラボトラーズジャパン(2579)とは

まず、コカ・コーラ社の全体について理解しておきましょう。
日本のコーラ社のシステムは、原液の供給と製品の企画開発や広告などのマーケティング活動を行う日本コカ・コーラ株式会社(非上場)と、製品の製造・販売を行うボトラー社(数社上場)や関連会社などで構成されています。

ボトラー社はコカ・コーラウエスト(2579)、コカ・コーライーストジャパン(2580)、北海道コカ・コーラボトリング(2573)、みちのくコカ・コーラボドリング、北陸コカ・コーラボドリング、沖縄コカ・コーラボドリングと分かれておりましたが、2017年4月1日に、コカ・コーラウエスト(2579)とコカ・コーライーストジャパン(2580)は経営統合し、コカ・コーラボトラーズジャパン(2579)が誕生しました。清涼飲料業界の競争が激化するなか、顧客基盤や生産効率化のノウハウを持ち寄って収益力の強化を目指すとのことです。

なお、本件統合は株式交換により行われ、コカ・コーライースト社1株に対し、コカ・コーラウエスト社0.75株を割り当て、コカ・コーラウエストが存続会社となっています。

とまあ組織構成はこのような感じであり、時価総額6,000億円企業で財務データや経営状況などは様々なアナリストにカバーされていると思いますので、本記事では財務分析などは割愛します。

②夏の気温とコーラ社の株価比較

さて、ここから気温と株価の分析を行ってまいります。

今回は2000年からの6~9月の株価データ(対象月の最高値採用)と福岡の平均気温を取ってみました。最初は東京の平均気温で調査していましたが、存続会社であるコカ・コーラウェストの拠点が福岡であることをデータ完成後に思い出し、最初から集計やり直しましたorz
(出所:株価はYahoo!ファイナンス、気温は気象庁)

グラフを見てみると以下のような感じです。
グラフ中に表示している気温と順位は6~9月の平均を取っており、

1位:2013年 / 27.2℃
2位:2010年 / 27.0℃
3位:2005年 / 26.5℃
15位:2003年 / 25.4℃
16位:2014年 / 25.1℃
17位:2015年 / 24.8℃

という順位になっております。

うーん、相場全体の地合いがあるのでこのグラフ見ただけでは判断できないですね。

つづいて、インデックスと比較するため、日経平均とコーラ社の推移を比較してみることにしました。それぞれ各月の最高値を採用し、2000年6月時点を1.0としています。

あれっ・・・、気温がそこそこ高くても日経より弱いではないか・・・。
猛暑の2013年や2010年であっても日経平均に負けています。気温の低い2014年や2015年は当然ながら??負けていますね。

日経平均が強いのも2000年がITバブルの時期と重なるのかなと思い、基点を2007年に変更してみました。

が・・・、暑いからといって勝っているわけではなさそう。

ちょっと気に入らないので、個別で騰落率を見てみることにしました。
下表がコーラ社の株価推移を平均気温の高い順に並べたものです。

なるほど~、猛暑の2013年、2010年の7,8月は7~18%程度上昇しているぞ。
しかし、4,5位は下落し、8月は10%近く下落となっていますています。6~9位は上昇傾向(と言っても3%程度)。なんとなく規則性が見えてくる感じですね~。

ちなみに、間違えて東京の平均気温で作っていたデータがこちらです。
案外こちらの方が規則性が出てきました(しかし福岡と東京って気候違うのね)。
気温1位~6位までは少なくとも7月は上昇傾向にあり、8月もそこそこ維持されております。また、7位~14位までは2005年を除き揃って下落と綺麗なデータになりました。
個別要因があるとは言え、2003年、2015年のように冷夏でも騰がることもあるということはコーラ社を売買する上では意識しておきたいですね。

ふむふむ、概ね理解できました。
掴んだコーラさんですが気温とチャート見ながら短期スパンで執行しようかなと思います。

全体的に暑い夏になると衣料品や家電製品が売れて、相場も暑くなるように言われておりますが、今年の夏も暑くなって市場が盛り上がるといいですね。くれぐれも熱中症など体調管理には気をつけましょ~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする