人材関連銘柄の比較

少子高齢化や日本経済の回復を受けて国内の人材市場はひっ迫してきています。街の飲食店やコンビニのスタッフを見てみると外国人が多いですよね。
実際に2017年1月の有効求人倍率も1.43倍とバブル経済期の1991年7月以来の高水準、失業率も3.0%とホント日本の労働市場はすごいなぁと思うばかりです。これだけ労働市場がひっ迫していると平均給与もどんどん上がっていいと思うんですけどねぇ・・・。

さて、マーケットはそんな環境ですので、昨年から人材銘柄を買ったり売ったりしているのですが、今回ちゃんと人材関連銘柄のデータを整えてみることにしました。皆様の投資判断の参考になれば幸いです。

今回ピックアップしたのが、①ジェイエイシーリクルートメント(2124)②エス・エム・エス(2175)③アウトソーシング(2427)④ヒトコミュニケーション(3654)⑤テクノプロ(6028)⑥キャリアリンク(6070)の6銘柄です。

他にも様々な企業があると思いますが、日々監視している銘柄が上記なので悪しからず。

各社のざくっとした特色は以下のとおり。

①ジェイエイシーリクルートメント
国際関係に強い人材紹介会社で現取締役最高顧問の田崎氏がロンドンで創業したことが起源。中高額帯層の求人領域に特化しているそうで、余談ですがここのサイトをIR情報取得のためしばしば訪問しているせいか、やたらウェブ広告が出てきます(笑) 後述の財務数値でも手堅さが感じられます。

②エス・エム・エス
WEBを中心にして介護・医療に特化した人材紹介会社です。グローバルに展開し、2015年にはシンガポールをはじめ12カ国で医薬情報サービス事業を展開するMIMSグループを154百万米ドルで子会社化しています。2016年3末時点ではエムスリーもエス・エム・エスの大株主として名を連ねております。

③アウトソーシング
製造メーカーのラインへの人材派遣、請負を中心に行っている会社です。会社沿革では積極的なM&Aを行っていることが見て取れます。また、海外14ヶ国に拠点を持っています。

④ヒトコミュニケーション
家電量販店等での営業支援、セールスプロモーションが中心の会社です。社長の安井氏が元々ビッグカメラ出身(その前は銀行マン)で、また、ビッグカメラの創業者の新井氏が大株主になっていることもポイントです。インバウンド向けプロモーションにも強みを持っているようです。

⑤テクノプロ
国内最大規模の技術社員数を有する人材会社です。会社説明資料には、「技術数・売上ともに国内No.1、大手優良企業中心の顧客基盤と強い営業力、圧倒的な採用力」と書かれております。

⑥キャリアリンク
BPO(Business Process Outsourcing)事業として官公庁・企業等の業務請負や、CRM(Customer Relationship Management)事業としてテレマーケティング事業者への人材派遣や企業等のコンタクトセンターへの人材派遣等を中心に行っております。

続いて財務数値を見てみましょう。

まず売上高、営業利益、純利益。
(以下、それぞれの銘柄の各年ごと本決算の数値を用いています。)

続いて売上高営業利益率。

概してテクノプロが頭抜けていますが、営業利益率で見るとJACリクルートメントの効率性の良さが群を抜いています。
アウトソーシングの売上高も他を凌駕していますが、利益水準がのれん償却等の関係で低水準となっています。直近会社予想では利益水準は改善するとのこと。

時価総額とPERも見てみましょう。
PERは2017年3月14日の終値を用い、利益は会社予想値を用いています。

ここではSMSがプレゼンスを出してきました。
PERも他の銘柄と比べ特に高い水準。グローバルM&Aや医療・介護人材事業に特化している面の評価でしょうか。圧倒的な利益水準のテクノプロに匹敵しそうな時価総額です。

次に財務安全性指標として株主資本比率とD/Eレシオです。

ここも色が分かれます。
レバレッジを利かせてM&Aによる成長戦略を採っている企業や、JACリクルートメントのように有利子負債がゼロの企業など、投資する際にもリスク・リターンを考えさせられるデータです。
尚、上表は直近の本決算時のデータを元にしており、SMSは2016年12月にエクイティファイナンス及び借入金の一部返済を行っておりますので、直近データではSMSのこれら数値は改善しております。

人材業界も会社によって大きく戦略が分かれ、こんなに積極的にグローバル含め、M&Aを行っている会社が多いとは知りませんでした。

最後に、2015年1月5日を基準とする各社の株価推移です。


キャリアリンクを除き、全社ともちょうど2倍付近に収れんしているのが驚き!

人材銘柄は今後も長いお付き合いになると思いますので、また各社深掘りして調査しましたら随時UPしていきます。

追伸:キャリアリンクの下方修正についてブログ更新しました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする