飛騨エリアの旅 ~白川郷を散策~

飛騨エリアへの旅その④です。

本日は高山市から白川郷へ移動しました。
高速道路を利用し、白川郷ICから降りるとすぐ「道の駅白川郷」が迎えてくれました。
道の駅なのに合掌造りとなっていておったまげました。笑
お店では地酒や乳製品、お土産用のお菓子などなどを販売。

道の駅から車を走らせること5~10分。白川の集落に到着。
こちらの写真は展望台から撮ったものです。白川郷の麓から坂道を歩いて約15分。車でも裏道から上ることもできます。
ちなみに白川郷が世界遺産登録されたのは1995年だそうです。

合掌造り。
完全に木製で、焚火や煙草注意の看板や、放水銃が至る所に設置されていました。

水に映える家屋をここぞとばかりに撮影。
私の住んでいる長野も今年は大雪でしたが、白川も同様だそうでたくさんの残雪がありました。

「であい橋」。1993年竣工だそうです。
こちらも多くの外国人が行き交っていました。欧米の方、アジアの方それぞれ半々程度でしょうか。外国人の方のみのツアーバスも何本も入っていました。

水がとってもきれい。
これまで雪に埋まっていたのでしょうが、新緑が心を和ませます。

ニジマス??
水路を鯉と普通に泳いでいました。余談ですが飛騨古川、高山、白川と鯉がとても多かったですね~。

飛騨牛コロッケ250円。いい感じに塩がふってあるサクサクのコロッケでした。
他にもお団子を売っていたりと、ゆったりと食べ歩きができる観光地です。
ちなみに夕方5時には周辺の売店も全てクローズするので、散策は早めにしておくのがオススメです。

つづく。

(※別のブログを統合したため、本記事はもともと2015年4月に投稿された記事となります。)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする