今週の投資戦略(2017/10/30~ 与党大勝!安定政権に長期マネー流入か)

とどまることを知らない株式市場。10/22(日)の衆院選では自公合わせて議席2/3超の313議席を確保し、株価も大幅続伸。買い方からするとこれ以上ない結果となりました。米国長期金利もなかなか超えることのできなかった2.4%を超えてきて金融株は反発、そして日経一段高。週内に発表されるかと思っていたFRB人事は特に決定なし。

今週も振り返りを行いながら、来週の相場を考えておきたいと思います。

スポンサーリンク

①日経平均、ダウ平均、ドル円

先週10/27(金)の日経平均は2万2,008円で引け、前週10/20(金)の2万1,457円と比べて551円高となりました。10/22(日)の衆院選では与党大勝となり月曜日から日経平均は239円高。そして10/24(火)まで16連騰となり史上初の連騰記録を達成。つづけて10/27(金)は2万2,000円の大台乗せ。なんじゃこの相場w

東証一部の売買代金は週を通して14.1兆円と、先週の12.3兆円から大幅増の大商い。
また、先週も日銀ETF買入れはREITの買入が4回あったのと、日々の12億円の買いのみでした。10月から700億円超の買入れは一度も行われておらず、今年の買入れ合計は10/27(金)時点で4.57兆円となり、年間予算6兆円の消化率76%。まだまだいけます日銀さん。

ここまで上げたのも企業決算、円安とありますが、政権の安定が大きく寄与しているのではないでしょうか。以前は毎年首相が変わる日本でしたが、安倍政権下で中長期目線の政策を打てるように。

海外で選挙結果がどう捉えられているか確認しようとBloombergを見てみました。
選挙後はTOP見出しに与党大勝のことがUPされており、大衆が日本国旗を掲げる写真は国力向上を連想させたり、「Abe Placed to Lead Japan Through 2021 After Big Election Win」という見出しは次なるアベノミクスの期待感抜群。海外の長期投資家からすると日本に投資妙味があるように見えるのでは。選挙後も材料出尽くしとなることはなく上げており、後述の投資部門別売買動向に見られるよう海外マネーの流入は続いているように思えます。まあ、実際のところ自民政策は緊縮財政の方向とも言われていますので、うまく経済成長と我々国民が背負う国の債務削減とのバランスを取りながらやってもらいたいものです。

その他注目点として、先週は金融株が続伸。後述の米国金利上昇を受けたかたち。私のナンピンMUFGちゃんもようやく新値高をつけてくれました(涙)

米国株も続伸。
またまた史上最高値を更新しました。

上値は2万3,000ドル程度を予測していましたが難なく突破。予測前提として金利上昇が株価指数の上値を抑えると思っていたのですが、急には金利は上がらず、良好な企業決算・経済指標が支えに。

そしてFRB議長指名が次の株価材料としてあるとして、その後の米国株材料は何になるのだろう。うーん、株高を願いたいのだけど、短期的にアメリカの次の好材料が思いつかない・・・。経済指標は良いとして、規制緩和系のものが出てくるんすかね、分からん。

②国債利回り

アメリカ10年債は、なかなか超えることのできなかった2.4%の壁を超えました。10/24(火)には前日の2.38%から2.42%となり、一時は2.47%を付ける場面も。テイラー氏のFRB議長就任の可能性や良好な経済指標が金利上昇を後押しし、そのまま週後半まで金利上昇トレンドでしたが、10/27(金)はパウエル氏優位の報道もあり2.42%となっています。日々有力候補がコロコロ変わりますが、これも市場との対話ですかねw

その他にも各国の7-9月期GDPの発表シーズンとなりましたが、英国GDPは+0.4%と予想の+0.3%を超過。英国経済の失速が株の売り材料にならないか心配していましたが少し安心。ただ、建設は5年ぶりの大幅減となり、イギリスの人の流出の前触れとなっていないか・・・。

その後10/26(木)にはECB理事会があり、金利は据え置き、債券買入れ規模を2018年1月から現在の月額600億ユーロから300億ユーロへ減額することを発表。ドラギ総裁は「これはテーパリングではない」と発言したり、ハト派的な経済見通しが中心となりユーロは弱く推移し、強含みだったポンドも弱くなっております。

また、米国7-9月期GDP速報値も10/27(金)に発表となり予想+2.6%に対して結果は+3.0%と強い結果に。アメリカ経済特に強く利上げ路線維持。

つづいて、日本の金利は0.07%付近をずっと推移で動意なし。選挙結果は関係ないんっすかね。

あと、10/27(金)に9月の消費者物価指数が発表されたのでメモ残しておきます。

8月と変わらず総合指数は前年比+0.7%、コア指数も+0.7%。コアコア指数は+0.2%で市場予想どおりの結果となりました。前月に続きこの水準を維持できたのは良いことなのではないでしょうか。政治面でも自公政権維持なので、これまでどおりの金融緩和政策を想定。安倍ちゃんも10/26(木)の財政諮問会議で賃金3.0%増(/年)の注文を出したのも、インフレ率2.0%増の背景があってのことでしょうか。賃金増の好サイクルを願うばかり。

③日米金利差とドル円

先週は日米金利差が大きく拡大しました。

前週分と違いがよく分かるようにグラフ加工しています。下表の赤の枠線が10/13~10/19の日米10年債利回り差と、薄ピンクの枠がその期間のドル円レンジ、緑の枠線と薄緑の枠が10/20~10/26のそれとなります。

為替も衆院選とFRB次期議長次第の相場でしたが、月曜日から自公大勝でドル円は一時114円台に。その後も113円台前半をつけながらも、米国金利上昇から114円台を日々トライ。

しかし早いとこFRB人事決定してもらいたいものです。
パウエル氏はハト派、テイラー氏はタカ派であることと、来週の雇用統計やISMといった米国経済指標を踏まえながら為替動向を見ていくことになりそうです。パウエル氏なら一時円高になる可能性がありますが、その後、強めのISM指数や雇用統計が出てきて長期金利、ドル円ともに上昇してくれないかな~と妄想しています。テイラー氏が指名されたら円安なるけどダウは1日で2~300ドルくらい下げそうな予感。

④投資部門別売買状況

10月16日(月)~10月20日(金)の投資部門別売買状況、外国人の買いが止まりませんw 証券自己も買い越しとなりプロ主導の相場に。

今週から主要部門の先物の売買動向の表ものっけておきますね。

証券自己は東証一部現金・信用合わせてで3,197億円の買い越し、先物は2,142億円の売り越し。先物はずっと売り越し継続ですね。

つづいて外国人は、東証一部現物で4,560億円の買い越し、先物も3,926億円の買い越しとなりました。現物・先物合わせて10/6で1.11兆円、10/13で0.76兆円、10/20で0.84兆円と爆買い継続。おそらく10/27のタイミングも買い継続と思われます。

次に個人。毎度の売り継続で、東証一部現金と信用合わせて5,065億円の売り越し。先物も502億円の売り越し。個人は6週間で現金・信用の売りが2.2兆円まで膨らみました。

投信は現物1,082億円の売り越し、先物も99億円の売り越し。信託は現物644億円の売り越し、先物は1,845億円の売り越しとなっております。信託は前週に続いて先物大幅売り越し。

この週の日銀ETF買入れ額は99億円となり、4営業日であった前週の61億円から増加。日々の12億円の買入れとREITの13億円の買入れ3回のみでした。

あと、今週も月次の部門別を出しておきます。

前回も同じことを書きましたが、春先は4月・5月と外国人が連続して買い越してきており、今回も2ヶ月くらい買いが続けばと考えていましたが、前回よりも超絶速いペース。

また、前回のweeklyでは【自公大勝 ⇒ 外国人の買い継続 or 売り買い拮抗(一時的には材料出尽くしで売るかもだけど数か月スパンでは弱くはないはず)】とイメージしていましたが、嬉しいことに株価はアゲアゲとなりました。また、企業業績も良好であり、これまで売り越してきている投信や信託も今後買い余力が十分あり、外国人の売りが出てきたときに下値支えをしてくれることが期待されます。

今は出遅れ銘柄のスクリーニングと、上げていった銘柄の押し目を待っている状況ですが、なかなか押し目は出てきませんね。そろそろ買い疲れが出てくるのと、総楽観なので利食いとショート筋のスパイラルで一時日経平均1,000円弱くらい押すタイミングがあってもいい気がしますが、そうなったとしてもこの環境下であれば戻りは早いように思います。

⑤今週のスケジュール

今週の大きな統計指標等の発表はこんな感じ。

10/30(月) 9月個人消費支出(米)、日銀金融政策決定会合1日目
10/31(火) 日銀金融政策決定会合2日目、9月失業率(日)、7-9月GDP速報値(欧)
11/1(水) FOMC、10月ADP雇用統計(米)、10月ISM製造業景況指数(米)、10月新車販売台数(米)
11/2(木) BOE金融政策発表(英)
11/3(金) 10月失業率(米)、10月ISM非製造業景況指数(米)、9月貿易収支(米)
11/5(日) トランプ大統領来日

来週も相場を動かすイベント目白押し。
日銀金融政策決定会合に始まり、FOMC、ISM景況指数や米国雇用統計が発表となります。
おそらくFRB人事も決まり、FOMCもありますので、中長期的な金融政策、金利水準、為替レートの予想を立てることになる週になりそうです。また、トランプさんもアジア歴訪で日本、韓国、中国と首脳会談を実施予定。

ところで、先日天気の良い日にジョギングして疲れて歩いていたら、野菜をいっぱいに積んだネコ車を引くばーちゃんに遭遇しました。「こんちはー!」と挨拶をすると「今日は天気良いな。どこからきただ?これ持って行くかや?」とネコ車に載った畑で採れたと思われる野菜をくれました。路上で見ず知らずのばーちゃんが野菜をくれる田舎コミュニティー半端ないwww


(いただいた大根とカブ。土つきなのが採れたて!)

さてさて、来週もほどほどに頑張りましょう!
休むも相場、射幸心は敵!無理していらないものを買わないよう心がけます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする