今週の投資戦略(2017/11/6~ FRB議長決定、日銀威力も衰えず・・・)

今週も日経平均はアゲアゲ!

上げトレンドというのは分かっているのですが、火曜日に悪材料が重なったので久しぶりに売りから入ったら、あっと言う間に黒こげになってしまいましたw

もはや相場は取りあえず日経225買っとけ的な雰囲気で、分析なんて意味をなさない感じ(´・ω・`) 今回はいつになく筆が重いのですが・・・、筋トレだと思ってメモ残しておきます。

スポンサーリンク

①日経平均、ダウ平均、ドル円

先週11/2(木)の日経平均は2万2,539円で引け、前週10/27(金)の2万2,008円と比べて531円高となりました。

東証一部の売買代金は4営業日でしたが週を通して14.6兆円と先週の14.1兆円から増加。1日平均3.6兆円、こんなに売買代金が膨らむのなんていつぶりでしょう。商い伴って上げているので良いですけど、平均的な2.2兆円/日くらいまで落ち着いてきたときは要注意な気が。売買代金の変動も来週以降注視しておきたいです。

また、先週は10月入って初めての日銀ETF買入れが月・火と2営業日連続で行われました。この効果がとてもでかかった(後述)。

日々のチャートはこんな感じ。過去の変動はどうでもいいくらいに見える騰げですな。

週明けの月曜日は2万2,000円の大台を挟んで売り買い拮抗。一時87円安までなって、この大台にも関わらず日銀は無慈悲なETF買入れを発動。そして火曜日朝起きてみるとソフトバンク傘下のスプリントとTモバイルの合併破談米国減税ペース鈍化トランプ選挙対策本部長の起訴、円高要因となり得るFRB議長パウエル氏優勢などなどが報道されていました。そして水曜日はFOMC金曜日は雇用統計日本は3連休NK225のRSIもビックリの80~90台。さ~すがに一旦直近のマドくらいまで調整あってもおかしくない(というか健全)なと思い、少々日経225の売りポジ作ったら瞬時に黒焦げに・・・。

まあ、個別は買いポジ継続なのでヘッジコストと思えばいいのですけど、この一本調子の上げは何だか合点がいかない(上げを願ってはいるのですけど)。今回ばかりはいつも悪材料時に出てくる売り方の親分まで焼き尽くされてしまったのでしょうか。個別で見ても、ソニーの決算はお見事でしたが、ソフトバンクが悪材料にも関わらず1万円台回復ってのは何だかなぁ。直近の同社決算も不可解なものでしたので今回どうなるか超注目。2Q決算発表は11月6日(月)です。ドキドキ。

あと、これに関連して10月初めて発動した日銀買入れについてメモ。
10/30(月)、10/31(火)と2営業日連続して日銀買入れが行われましたが、上述のとおり悪材料が重なった10/31(火)は寄付きから最大171円安。寄付き後が大底となり、そのまま下値を切り上げながら、13時半の日銀タイムに上げ幅拡大し、なんと一時プラ転しながら引けは前日比-0.06円安まで戻してきました。

この2営業日連続の日銀の買入れ姿勢が翌水曜日の409円高に繋がったのかもですね。売り方さん達がこれはもうムリポと手仕舞っていく姿が目に浮かびます。

アメリカも史上最高値更新中。

こうやって見ると過去日経がダウを超えていることも普通にあったのですよね。そう考えると日経もダウ近くの2万3,000円くらいまで上昇してもおかしくないのですけどね。

あと、ここ最近原油先物価格が実に堅調。
原油価格に紐付くオイルマネーの動向も気にしておいたほうが良いように思います。

②国債利回り

アメリカ10年債は、先々週ようやく超えた2.4%の壁からまた下りてきました。

それもこれもハト派のパウエル氏優位の報道が多くなり、結果的に木曜日には同氏が選任ということになりました。有力候補の報道は日々コロコロ変わっていましたが、やはり市場と対話していたのですかね。下馬評通りの結果となり、マーケットは予想通りの金利低下、株は適温相場維持といった感じです。

しかし先々週は10年債も2.46%を付けていましたが、11/3(金)は後述の雇用統計を受けて2.34%まで利回り縮小しています。2017年春先以降経済指標は好調ですが長期債利回りがなかなか上昇しません。

あと、米国10月雇用統計が11/3(金)に発表されたので概要残しておきます。
失業率は4.1%(予想4.2%)、平均賃金前年比は2.4%(予想2.7%)、非農業部門雇用者数は+26.1万人(予想31.1万人)と失業率以外は市場予想を下回る結果となりました。前月は平均時給の伸びが高かっただけに今回は失望感が大きい。これまたインフレ率が抑制されそう。

世界的に賃金鈍化と言われていますが、今月の結果だけ見るとそれに当てはまる感じ。極論すると企業も人材投資かAI投資かと言われていますが、賃金動向を見ていると景況感対比伸びが弱く感じられ、AI関連企業はまだ伸び代が十二分にありそうです。

JGB10年債は0.07%付近で推移しながら、日銀金融政策会合を受けて0.055~0.06%台で推移しました。

これだけの株高にも関わらず金利が抑制されているのは、自民政権により黒田路線継続のコンセンサスが取られ始めたということでしょうか。であれば、証券を除く金融株はまだ日の目を見ることができなそう。不動産は短期的には買い安心感が増す感じですかねぇ。

③日米金利差とドル円

先週の日米金利差はやや縮小しました。
下表の赤の枠線が10/27~11/2の日米10年債利回り差と、薄ピンクの枠がその期間のドル円レンジとなります。

先週は前述の通り、次期FRB議長パウエル氏優位の報道が相次ぎ米国金利は低下基調となり、日米金利差縮小。にも関わらず、ドル円は113円台後半から114円台を維持。ISM製造業景況指数は予想を下回りましたが、消費者信頼感指数やADP雇用統計などは良好。ただ、米国雇用統計は予想を下回り一時113円半ばまで押しましたが同日発表のISM非製造業景況指数は強く行って来いで114円に戻っております。

FOMCは12月利上げ示唆、そしてイエレン路線継続のパウエルさん、日銀金融政策決定会合では緩和継続、そして黒田路線維持となりそう。日本に変化はなさそうなので、ドル円はこれまで通りアメリカ次第となりそうですね。

④投資部門別売買状況

10月23日(月)~10月27日(金)の投資部門別売買状況。はい、もうずっと「外人買い、他は売り」の同じ傾向が続いております。

主要部門の先物の売買動向はこちら。

証券自己は東証一部現金・信用合わせてで1,430億円の買い越し、先物は3,265億円の売り越し。リスク管理か現物買い、先物売りがずーっと続いていますね。

つづいて外国人は、東証一部現物で6,678億円の買い越し、先物も1,863億円の買い越しとなりました。現物・先物合わせて10/6で1.11兆円、10/13で0.76兆円、10/20で0.84兆円、10/27で0.85兆円と爆買いが止まりません。

次に個人。毎度の売り継続で、東証一部現金と信用合わせて5,924億円の売り越し。先物は487億円の買い越し。個人は7週間で現金・信用の売りが2.8兆円まで膨らみました。

投信も現物796億円の売り越し、先物は194億円の買い越し。現物は6週連続の売り越しで合計4,791億円也。信託は現物269億円の売り越し、先物は1,010億円の買い越しとなりました。

この週の日銀ETF買入れ額は112億円となり、前週の99億円から増加。この週はREITの13億円の買入れが4回ありました。

月次の部門別売買状況はこちら。

外国人買い過ぎでしょw そして個人売り過ぎw

こうやって見ると9月に超絶買い越した証券自己が短期的には一番の勝者なんですかね。証券自己の9月買越額は約2.1兆円、証券自己に含まれていると言われる日銀ETF買入れは約4,800億円、、、でも先物の値を見てみると1.6兆円の売り越しでトータルではニュートラル・・・?
うーん、先物でヘッジしながら自己ポジ抱えて、海外顧客に売り捌いてサヤ抜きしていったのか?? しかし、この主体が現物を買い上げてきたら追随すれば上手く勝てるかもしれませんね。

それにしても外国人買い凄まじい。長期筋はいいとして、当然短期筋も中には入っていると思うので、今後売り圧力強まることはあるのか、あってもパクッと食べられてしまうのか・・・。

⑤今週のスケジュール

今週の見ておきたい経済統計などはこんな感じ。

11/6(月) 日銀金融政策決定会合議事要旨
11/7(火) 9月毎月勤労統計調査
11/8(水) 10月貿易収支(中)
11/9(木) 9月機械受注(日)、9月貿易収支(日)
11/5(日)~11/7(火) トランプ大統領来日

今日からトランプさん来日されますね。
貿易赤字に関するネゴがあると思いますが、北の問題もありますので、互いの落としどころを友好的に見い出していくことを想定しています。安倍ちゃんが先だってイヴァンカさんの女性基金に57億円拠出を決めたのも交渉上手だなと。

日本株も上がるのは良いのですけど、更なる高値を目指す上でもそろそろ一旦調整を願いたいところ。個人的に月の第2週目が仕事が忙しくなるのですが、そのタイミングで株も下げることが感覚的には多かったので、今週ちっとは調整しないかなーと思ってます(根拠全く無しだけどw)。
とは言え、企業決算はピークを迎えるのと、NT倍率も日経優位が続いていましたが、ようやくTOPIXも盛り返してきたので、引き続き個別出遅れ銘柄の物色を中心に動いていきたいと思います。

さて、先週は遠出して軽井沢のエクシブに行ってきました。
普段は家ご飯が中心なので、ちゃんとしたコースを久しぶりに食べるのは良いものです。
リゾートトラストの施設は安定のクオリティで、ゆっくりと週末を過ごすことができました。

今週も適時開示にドキドキな週となると思いますが、頑張っていきましょ~!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする