今週の投資戦略(2018/5/28~ 日経2.3万円突破、米朝会談延期、リスクオフの金利低下)

だまし上げチックな上げからズドンの展開となりました。
安く買って高く売る。高いところでは手出し無用・・・。それを実に感じた週でした。

先週は本業が忙しかったり、相場も商い低調だったり、週末はピーカン外遊び日和でしたので大してマーケット調べ切れておりませんが、以下のポイントを振り返りながら来週以降の相場に備えておきたいと思います。

  • 日経平均2万3,000円台回復(5/21 月)
  • 米国、自動車への関税25%適用検討(5/23 水)
  • FOMC議事録からの米国金利低下(5/23 水)
  • 米朝会談、延期発表(5/24 木)
  • 米朝会談、やっぱりやる可能性もある報道w(5/25 金)
スポンサーリンク

①日経平均、ダウ平均、ドル円

先週5/25(金)の日経平均は2万2,450円で引け、前週5/18(金)の2万2,930円と比べて480円安となりました。

ダウ、日経、ドル円の合体チャートはこちら。
ダウはもみ合いながらも、ドル安に伴って日経が弱含んでいることが分かります。

東証一部の売買代金は週を通して11.7兆円と前週の12.6兆円から減少。1日の平均は2.34兆円(前週は2.51兆円)となりました。商い少ないです。

また、日銀ETF買入れは合計2,256億円となり、5/23(水)・5/24(木)・5/25(金)にそれぞれ720億円、5/21(月)・5/23(水)にREITがそれぞれ12億円、あとは日々の12億円の買入れが行われています。

先週は日銀全力で買ってきましたね~。5/25(金)の買いは不必要な気がしましたが、それほど日銀は今回の地政学リスクを気にしてたってことでしょうかね。

5/21(月)の日経は高値+120円、安値+5円、終値+72円の2万3,002円。
この日は為替が111円台に入り、思いのほか簡単に日経平均は2万3,000円台をクリアしました。上げの中心は機械、化学、そしてファストリ。フシ目更新なので商い伴っているかと思いきや東証一部の売買代金は僅か2.12兆円。TOPIXは-1.5ポイントという始末。米国時間のダウは寄付き後から300ドル近くの爆上げで引けも+298ドル。2万5,000ドルを回復しました。ムニューシン財務長官が「米中貿易戦争を一旦保留にする」と発言したことが好感され、ボーイングやキャタピラーが強い動き。米中貿易問題も今更感はありますけどねぇ。

5/22(火)の日経は高値+29円、安値-50円、終値+42円の2万2,960円。
日経平均は2万3,000円付近でのもみ合いとなりました。前日に続き売買代金は2.14兆円なので力が足りません。自動売買除くと実需の買いというのは乏しそう。なんだかセルインメイになりそうな予感・・・。米国時間のダウは午前中+51ドルまでなりましたが、大引けは-178ドル。トランプ大統領が6月12日の米朝首脳会談の延期の可能性を言及。それに米中貿易問題も絡み、前日上げたボーイングやキャタピラーがまた下げるという振り回される展開。

5/23(水)の日経は高値-11円、安値-311円、終値-271円の2万2,689円。
月曜日、火曜日と売買代金は小さかったので、懸念した通り売りが出るとそのまま崩れてしまいました。為替も110円台半ばまで下落しマイナスのスパイラルに。ファストリ単体で64円、景気敏感の電気機器が46円、機械が23円日経平均を押し下げ。米国時間はハト派寄りのFOMC議事録(後述)が発表されダウはマイナス推移から+52ドルまで反発し終了。

5/24(木)の日経は高値-45円、安値-323円、終値-252円の2万2,437円。
この日は朝方からトランプ大統領、自動車への25%関税適用検討を指示との報道があったり、北朝鮮の崔外務次官がペンス副大統領をディスり米朝会談に不穏な空気が流れたりとリスクオフの展開。自動車銘柄が死亡したわけですが、これら銘柄は為替や政治に振り回されまくりますので欲しいけど敬遠してしまいます。米国時間ではトランプ大統領が正式に米朝会談を中止する旨の書簡を発表。ダウも最大-280ドルとなりましたが、大引けは-75ドルまで戻しております。米朝会談中止の書簡を読んでみると案外柔らかい表現となっていて、どうやら完全消滅した形ではなさそう。こういった書簡をちゃんと見るのは初めてですが、大人の表現というか、日本人的な婉曲表現をするのだなぁと興味を持ちました。ちなみにこの日も米国債は買われ10年債利回りは2.97%となり、ドル円もいつもの円高シナリオで109円台前半まで突っ込みました。

5/25(金)の日経は高値+72円、安値-119円、終値+13円の2万2,450円。
米朝会談中止の流れを受けて日本時間もリスクオフが続きました。防衛関連銘柄も高く始まりましたが、まだ米朝交渉の余地ありとみてか上げ幅縮小。自動車、機械は売られましたが、日銀の買いも3日連続で入り、高安まちまちで日経平均はしぶとくプラスで引けました。NY時間は最大-123ドルまで下がりましたが大引けは-58ドル安。米朝会談について、北が歩み寄りを見せたり、トランプ大統領もサミットに向けた建設的な議論を北朝鮮としているとツイートしたりしています

当方現在売り買い両建て中。そして401Kはフルキャッシュなので下げるところまで下げてくれればといった感じです(と言いつつも、完全虚勢ですがw)。国内に目を向けてみると、売り方からすると野党よ騒げ!わめけ!って思うわけですが、株価を下げることを期待される野党というのも、我が国の政治家としていかがなものかと思いますねぇw

 ②国債利回り

まずアメリカの国債推移のグラフはこちら。

アメリカ10年債は大きく動きました。
前週の流れを受けて週初3.06%で始まり、5/23(水)のFOMC議事録を受けて3.01%まで縮小。そして米朝会談の延期を受けて5/24(木)は2.98%、5/25(金)は2.93%まで下がっています。原油先物価格も週始めは72ドル台まで上昇していたところ週末は67ドル台まで急落しています。エネルギー価格の低下も物価上昇圧力の緩和と見られ債券利回り低下に影響しているんですかねぇ。

FOMC議事録についてBloombergの記事をシェアしておきます。
自分的には、①6月利上げは既定路線とされる、②インフレ率が目標からオーバーシュートしても黙認され得る、③直近はインフレ率が2%に達しているが下がる可能性もあるので注視する、といったイメージで理解しております。イエレン路線を継承することが予想されながらも、パウエル氏は冷徹に利上げをしていくイメージが就任後醸成されていたので、これは意表を突かれました。

つづいて日本の国債推移のグラフ。

JGBは日銀の管理下にあるのでもちろん米債ほど動きませんw

いつ正常化されるのか、次の手は何だ、くらいしか日銀ネタが無いわけですが、金融正常化希望派の自分とまして、日経の記事をシェアしておきます。

③日米金利差とドル円

先週は米国金利の大幅な低下に伴い日米金利差も下方に拡大しました。ドル円相場は週始めの111円台から109円台前半まで突っ込んでいます。
下表の赤の枠線が5/21~5/25の日米10年債利回り差と、薄ピンクの枠がその期間のドル円レンジとなります。

円高になったとはいえグラフを見ると、3/23につけたヒストリカルの下限までは当分余裕がありますね。ただ、平均を表す線形付近に戻る気配はここもとありません。様々な要因があるでしょうが、日本の金融緩和の出口も見込まれ始めたってのもあるのかなぁ。考えすぎか・・・。

④投資部門別売買状況

5月14日(月)~5月18日(金)の投資部門別売買状況。外国人が先物主導で買い戻してきています。

主要部門の先物の状況はこちら。

  • 証券自己は東証一部現金・信用合わせてで4,076億円の買い越し、先物は4,417億円の売り越し。
  • 外国人は東証一部現物で975億円の売り越し、先物は4,489億円の買い越し。
  • 個人は東証一部現金で3,157億円の売り越し、信用で340億円の売り越し。先物は364億円の売り越し。
  • 投信は東証一部現物で84億円の売り越し、先物は357億円の買い越し。
  • 信託は東証一部現物で39億円の買い越し、先物は376億円の売り越し。
  • 日銀ETF買入れは合計84億円。5/15(火)、5/16(水)にREITがそれぞれ12億円、あとは日々の12億円の買入れ。

その他に事業法人が現物873億円買い越しており、ここ3週間で1,520億円の買い超となっています。自社株買いやってるのでしょうね~。

個人は直近7週で現物1.5兆円の売り越しです。VIXショックの際は逆張って1.9兆円買い越していたので、それが相殺されてきている模様。また、外国人は先物買い越し継続ですが、1/22(月)~3/30(金)まで先物5.3兆円売り越しており、4月からの買戻しは2.3兆円。

この5/21(月)の週は円高&先物主導の下げでしたので外国人の無常な売りがさく裂したことでしょう・・・。来週も地政学ネタで売ってくるんだろうなぁ。

⑤今週のスケジュール

今週の見ておきたい経済統計などはこんな感じ。

5/28(月) 米市場休場
5/29(火) 4月失業率(日)
5/30(水) 5月ADP雇用統計(米)、1-3月GDP改定値(米)
6/1(金) 1-3月法人企業統計(日)、5月雇用統計(米)、5月ISM製造業景況指数(米)

注目は米国雇用統計。米国金利が急低下してきたわけですが、雇用統計の賃金上昇率がどうなるか。月曜日は米市場お休みなので日本市場も小動きでしょうかねぇ。

さて、先週写真を載せたのですが、半年ほど育てたうちの畑のイチゴがだいぶなってきて完熟したら食べようと思っていたところ、その前に獣に喰われてしましました!!!  株式投資も個別は調子よくても外部環境などに横やりを入れられて収益機会を損ねることがあるわけですが、うちの畑の果実もそうなるとは・・・。防護ネットなどのリスクカバーをもっとしておくべきであった。リスク管理は必要ですね。

5月も終盤となり家の近くの田んぼも水が張られて始めました。蛙がゲコゲコ鳴くので季節を感じさせられます。

水がとてもきれい。米の味もこういった水から変わってくるのではと思うくらいです。

来週もほどほどに頑張りましょー!取りあえず私は様子見継続です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする