山梨Tripその2 ~エクシブ山中湖でのほほんと~

山梨旅行記その2です。

前回の記事では、勝沼でほうとうを食べ、その後ワイナリーに行ったところまで書きましたが、今回は山中湖にある宿泊先エクシブのお話です。

昨年も同系列の東京ベイコートでゆっくりしましたが、これらを運営しているリゾートトラストさすがの良い仕事してくれてます。

スポンサーリンク

高級感あふれる館内に

エクシブ山中湖は本館と別館の「サンクチュアリ・ヴィラ」があるのですが、今回泊まったのは後者。
山中湖ICから10km程度の場所に位置し、田舎というか郊外の道を進んで行くのですが、着いてみるとラグジュアリーなエントランスが待ち構えていて雰囲気が一変します。

建物に入りロビーを抜けるとそこにはテラスがあり、富士山を目の前に望めます。うーん、なかなかの絶景!!!
その時はお客さんもおらずプライベート空間でしたので、子どもは広場で走ったり大はしゃぎでした。ちなみにレセプションではファミリー層もそこそこチェックインしていて、子連れでもそんなに気を使う必要がなく良かったです。

ルームはこんな感じ。
せっかくの非日常の時間なのでTVは見ませんw 1週間くらい滞在するなら、ソファーでくつろぎながら、シャンパン片手に映画見たり本読んだりしたいものです(すんごい妄想)。

お風呂も部屋まで温泉を引いているそうで、なおかつ外を眺めながら入れるのですが、

湯船から富士山を望むことができます!
私は子どもの風呂入れ係なのでチビと一緒に入浴したものの、どうやら2歳児にはこの空間が怖いらしく、ずっとイヤイヤで風景よりも子どもと対峙する時間でしたorz

ちなみに妻が朝イチ入浴していたら目の前まで鹿が来ていたそうです。それくらい自然を満喫しながらゆっくりできる施設でした。

IL Colore 個室で食べるイタリアン

部屋でお風呂に入ったりしていたら楽しみにしていた食事の時間となり、今回は施設内にあるイタリアンのIL Colore(イル・コローレ)でいただきました。こちらは全室個室で子どもがいても周りを気にする必要がありません。

こちらはオシャレ感あふれるエントランス。メニューがこうこうと輝いててブルーライトと石造りが六本木の裏道にあるお店みたいw

コース内容はこんな感じです。
春の食材が多く使われたお料理でした。

最初はスパークリングからでしたが、ボトル持ち込み可能(有料だけど)だったので、ルミエールで買ったワインを出しました。
飲み口はなんだかとろみのある感じで、名前の「光」のとおり色味は黄金色。とても豊かでふくよかな口当たりでした。よくある日本の甘めの白ワインとは全くの別物で、今回の食事にも合わせやすいお味。

さてお食事はと言いますと、最初に出てきたのが生ハムとホタテの前菜。
近隣で採れた野菜を使用していて、ハムの後ろに隠れているアスパラが絶品でした。地方と都市で違うのが野菜の味。やはり鮮度が違うのかな。

こちらは全てが旬の食材。
サワラ、コゴミ、タラの芽をフキのソースと一緒にいただきます。

菊芋とフォアグラのスープ、猪の揚げパン。
菊芋というのは初めて食べましたが中性脂肪を下げたりと健康に効能があるようです。いなかっぺなのでジビエ料理はたまに食べる機会があるのですが、「猪の揚げパン」というのは初めてです。まさか猪も揚げパンにされるとはゆめゆめ思わなかっただろうに。

サルシッチャとレンズ豆を和えたパスタ。

オマール海老とタケノコ。
言わずもがな美味しい。タケノコをオマール海老に添えるのも珍しいなあ。

最後は近江牛。
これももちろん旨いですし、また出てきたアスパラが本当に美味しい。赤ワイン飲みたかったけど、お腹いっぱいでまたの機会に。

最後のデザートです。
これも春らしいメニューでフワフワのわたあめに苺ソースをかけていただきます。日頃甘いものはあまり食べないのですが、これはいける!

お腹もいっぱいになり、部屋に帰って夢見心地でそのまま寝落ちてしまいました。
エクシブには毎度大満足で感謝感謝。また違う施設を訪れたいなと思います。

しかしブログ書いててよだれが出てきたぞ・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする